納骨堂にするメリット|費用が断然安くなる

遺骨を納める施設とは

線香

施設の種類と納骨タイプ

今までは火葬後の遺骨はお墓に埋葬されるのが殆どでしたが、大都市では、お墓を建てる土地の確保が難しいことや費用の面から納骨堂を選ぶ方が増えています。遺骨はどこにでも埋葬してはいけないと法律で禁止されており、埋葬するお墓を持たないときは納骨堂などを利用することになります。また、お墓を建てても管理する身内がいない方、実家のお墓が遠距離にありお墓じまいをしたい方が利用しています。納骨堂は、遺骨を納めるために作られた施設で、管理者や運営者の違いで公営、民営、寺院に分けることができます。公営の納骨堂は各都道府県によって申し込みの条件があり、希望する場合は確認が必要です。民営は宗教法人などが管理運営しており宗教や信仰に制限はありません。寺院が管理運営する納骨堂は寺院の敷地内にあります。納骨したからといって檀家にならなくても利用することができます。そして、遺骨を納める納骨堂はロッカータイプ、仏壇タイプ、お墓タイプ、機械式タイプなどの種類があります。お墓タイプは通常のお墓参りのようにお花やお線香を手向けることができます。通常のお墓は風雨にさらされており劣化して場合によってはメンテナンスも必要になります。しかし、納骨堂は清潔な室内に遺骨を安置でき、管理もしてもらえるのが魅力です。霊園は永代使用料や管理料、墓石代の負担がありますが納骨堂は墓石代は必要ないので費用の負担が軽く済みます。自分の将来を考えて事前に納骨堂を準備するのも良いでしょう。

ダンボール

遺品の整理はプロの技で

高齢化社会が進む現代、急速に需要が延びているのが遺品整理業です。遺品はゴミではありません。遺品整理士と共に個人に思いを馳せながら、残された品々を心を込めて整理しましょう。西宮にも多くの業者がありますので「遺品整理協会認定優良事業所」か、などを参考に信頼おける業者を探しましょう。

遺品整理

心の負担をサポート

富山では複数の遺品整理業者が営業しているため、準備または急な依頼のどちらにおいても、対応エリア確認後の選択が良いでしょう。業者の迅速な対応は余計な家賃発生を防ぎ、必要な費用に充てられます。業者への依頼は美術品売却と保護が果たせるでしょう。発見遅れの際には特殊清掃もまとめて依頼できます。

ダンボール

遺族が遠方の場合には

石川で故人の残した荷物を整理するとなれば、遺族が遠方に住んでいればいるほど作業は急務となってきます。その負担を軽減するために遺品整理の専門家を活用するわけですが、費用負担を減らすためにも事前の見積もりや口コミのチェックは欠かせません。