納骨堂にするメリット|費用が断然安くなる

遺品の整理はプロの技で

ダンボール

供養してから処分する品

これからますます需要が伸びて行くと思われるのが「遺品整理業」です。かつて西宮でも遺品の整理は残された家族の仕事でしたが、少子化や核家族化などにより、遺品整理をする家族関係も変化して来ているのです。西宮で遺品整理業を探す時、どんな点に注意して業者を探せば良いのでしょう。急速に伸びている業種だからこそ、残念な事に「回収した遺品を不法投棄する」などのモラルに反する仕事をする業者もいるようです。そこで注目したいのが「遺品整理協会認定の優良事業所」かどうかです。スタッフの中に遺品整理士がいるかもチェックのポイントとなるでしょう。その他是非確認しておきたいのが、サービス内容のチェックです。近年は西宮含めて全国的に高齢の独居老人も多くなり、孤独死をする人も増えています。死後数日経ってから発見される例も少なくありません。西宮のように人口の多い都市では尚更です。そんな現場では、汚れや匂いを取り除く特殊清掃や消臭作業が必要となります。この作業こそ遺族だけでは難しいので、プロの力を貸して貰いましょう。そしてもう一つ確認したいのが、仏具や写真・人形などの人の思いが詰まった品々の処分の仕方です。業者によっては、こういった物を供養してから処分してくれる所もありますから、見積もりを取る際など、細かな作業内容も確認しておきましょう。遺品はゴミではないので、亡くなった人に思いを寄せながら、処分する物、リサイクルにまわす物、リユースする物と整理しましょう。